ゾーンダイエットの理論をざっくり解説

ゾーンダイエットはダイエットを実践するうえで特に重要視される空腹によるストレスを溜めず、
誰にでも簡単に実践できるか否かという点を見事にクリアしている人気ダイエット方法の1つです。

ゾーンダイエットの提唱者であるアメリカの生物学者、バリー・シアーズ博士が考案したというこのダイエット方法は
今も海外を中心に根強い人気を誇り、ハリウッド女優など海外セレブ達の間でも多くの実践者と成功者を出しています。

このゾーンダイエットの理論を簡単に説明すると、食事による栄養素の摂取量をそれぞれ
「タンパク質と糖質が40%」、「脂質を30%」というふうに4:3:3となるような料理のメニューで摂取をするようにすると、
血糖値の安定化と体脂肪の燃焼効率を飛躍的に高めることができるようになり、
結果、健康的に痩せるダイエット方法として成り立つというもの。

もしもゾーンダイエットの理論通りにダイエットが成功するなら、間違ったダイエット方法による食事の制限や
その結果による「体重は落ちても体脂肪が落ちていないのでリバウンド」という
よくあるパターンに陥るケースがなくなる事が考えられるわけです。

ダイエットの多くは前述どおり、仮に成功したとしても、体重だけが落ちて、
肝心なプロポーションがダイエット前よりもかえって悪くなっているという事がよくあります。
それは無理なカロリー制限による筋肉の衰えが原因の場合が多く、
ゾーンダイエットではそのリスクも抑える事が可能になります。

もちろん、ゾーンダイエットには4:3:3という聞いただけでは少々面倒な理論が付いて回りますが
それでもしっかり食べながら、厄介な体脂肪を重点的に落とす事ができる
まさに理想の状態を生み出すダイエット方法だといえるでしょう。

▲ゾーンダイエットの効果とレシピを紹介!のトップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。